飲みやすさで選ぶ 値段で選ぶ ダイエットで選ぶ 原材料で選ぶ

ダイエットのお供に最適!?青汁の手軽さや人気の秘密に迫る!

青汁ランキング
第1位
すっきりフルーツ青汁
口コミから評価
  • 味 ★★★★★
  • 値段 ★★★★★
  • 栄養 ★★★★
フルーツジュースを飲んでいるみたい!苦味が全くないので、子供も毎朝飲んでます♪(40代主婦)
老若男女問わず選ばれている、大人気青汁!

芸能人やモデルも多数愛用している「すっきりフルーツ青汁」。販売開始からリピーター続出の大人気商品となりました。青汁独特の臭みや苦味を全く感じない、フルーツテイストが世代を問わず支持されているのが人気の秘訣です!

健康的にダイエットを目指したい方にピッタリの青汁が、何と先着300名様限定3480円630円(82%OFF)で購入出来ちゃいます!

美と健康、同時に叶えるなら「すっきりフルーツ青汁」で決まり♪

第2位
ハッピーマジック
口コミから評価
  • 味 ★★★★★
  • 値段 ★★★★
  • 栄養 ★★★★
パッケージも可愛いし、1食置き換えダイエットにピッタリ!青汁ってあまり美味しくないイメージだったんですけど、これはメチャクチャ美味しいです!(20代フリーター)
なつぅみプロデュースのおいしい青汁「ハッピーマジック」の人気がスゴイ!

ファッションモデルのなつぅみ(斉藤夏海)さんプロデュース、今最も注目度の高い青汁が「ハッピーマジック」です!フルーツ味をベースとした青汁はとても飲みやすく、若い世代から圧倒的な支持を得ています。

ハードなダイエットは続かないしリバウンド必至!健康的にダイエットしたい方に強くオススメします!

そしてなんと!今なら10包セットが無料でGET出来ちゃいます(送料650円のみ負担)!この機会に、ハッピーマジックを是非お試しあれ!

第3位
サントリー極の青汁
口コミから評価
  • 味 ★★★★
  • 値段 ★★★★★
  • 栄養 ★★★★★
お手頃な値段で、毎日欠かさず飲んでいます。お通じも良くなり、身体は健康そのもの!これからも飲み続けていこうと思います!(50代会社員)
これぞ青汁の極み!原料にこだわった究極の一品!

現代は、深刻な野菜不足。食生活の欧米化も進み、日本人の栄養バランスは偏りがちになっています。そんな野菜不足をたった1杯で解消してくれるのが「極の青汁」!創業110年を超える安心の飲料メーカー「サントリー」が自信を持ってオススメする青汁です!

抹茶風味の「極の青汁」は、馴染みやすく飲みやすい!健康な身体作りは1杯の青汁から始めましょう!

定期購入なら、30包入りが3240円(送料無料)と大変お得!詳しくは公式サイトをご確認下さい!

公開日:2016年6月27日
この記事の所要時間: 2219

みなさんは1日に必要な野菜の量をご存知でしょうか?350gというのは知っていても、それが具体的にどのくらいの量なのか、ご存じない方も多いかもしれません。

これは量、重さだけでいえば、小サイズのレタス1.5玉分くらいです。その量を毎日欠かさず食べるのは難しいですよね。

そのうえ、350gというのは同じ野菜をその量たべればいいという目安ではありません。緑黄色野菜を120g、淡色野菜を230g摂ることが推奨されています。

つまりレタス1.5玉分くらいの量の様々な野菜を毎日食べつづけなければ、「野菜不足」ということになってしまうのです。これはちょっと難しいですよね。

そこでおすすめしたいのが青汁です。青汁を飲めば、野菜に含まれる栄養素を手軽に摂ることができます。

青汁を飲めば野菜を食べなくてもいいというわけではありませんけれども、青汁を毎日一杯飲むだけで、それほど意識せずとも野菜不足を解消することができるんですね。

「野菜不足を解消したい」
「健康な体作りを心がけたい」
「無理せずダイエットがしたい」

そんな方には青汁がピッタリです。私も実際に青汁を飲み続けているのですが、上記した悩みのほとんどが改善されていきました。

青汁の人気と効果について

最近は青汁の人気も高まりつつあると言えるでしょう。それは手軽に栄養が摂れるというのもありますが、その味がだいぶよくなってきたからではないかと私は思います。

昔の青汁は、はっきり言ってそう美味しいものではありませんでした。「まずい、もう一杯」なんてCMもありましたよね。昔はどこの会社の青汁も、体に良いというのはわかっていても、味はまさに「青い汁」といった感じで美味しくなかったのです。

しかしそれも最近は、研究の成果かそれともちょっとした工夫か、美味しい青汁が増えてきました。どのように美味しいのかというと、たとえば抹茶のような味だったり、フルーツと混ぜることで野菜ジュースのような甘みのある味だったりします。

もしかすると、青汁を開発する各企業が、青汁はその栄養素はもちろん、毎日継続的に飲んでいくことも大事だと気づき、そこに着目して商品を製作し始めたのかもしれません。

その結果として、栄養も味もばっちりの青汁がたくさん世に出されつつあるわけですね。抹茶ラテのようにミルクに混ぜるタイプなんかもあるみたいですよ。

そのような企業側の努力により、私たちは昔よりも手軽に、そしておいしく青汁を飲むことができるようになりました。

子供でも飲めるものばかりですから、日ごろからあまり野菜を取れていないというご家庭にも青汁はおすすめですね。

ダイエットにも効果がある?

青汁 ダイエット
今ダイエットに挑戦中だという方は、青汁にダイエット効果があるのではないかと思われる方もいるかもしれません。

しかし、野菜を食べれば痩せるということはないように、青汁を飲めば痩せるということもありません。もしそんな魔法のような青汁が存在すれば、肥満に悩む人はこの世からひとりもいなくなります。

とはいえ青汁は、ダイエットの補助にはなると言えるでしょう。ダイエットをしている最中は、運動をしたり、食事を制限したりしますが、このとき栄養不足に陥ってしまう可能性があります。

でもダイエットをしているからあまり多くのものは食べられない。そうなると体調不良や栄養失調が発現する可能性もあり危険です。

青汁を飲めばせめて野菜から摂れる栄養素は体に取り込むことができますから、体の不調も起こりにくくなると思われます。そういう意味では、青汁はダイエットの良いパートナーだと言えるかもしれませんね。

最近では、青汁とプロテインを一緒に飲むという方法も考案され、これもダイエットには効果的だと言えるかもしれません。

なんにせよ、ダイエットをするときには無理は控え、適度な運動と食事を心がけること、そのうえで不足した栄養を青汁で補うことが重要です。

青汁は自分で作れる?レシピは多数?

そんな青汁ですが、購入するのはいやだとか、自分好みの味の青汁を自分でつくりたいという方もいらっしゃるかもしれません。

要するに青汁は野菜ジュースの一種のようなものですから、もちろん自分で作ることもできます。ミキサーが必要になりますが、野菜を切って混ぜるだけですので、そんなに時間もかかりません。

レシピは様々で、たとえばクックパッドには1682個もの青汁レシピが載っています。色々と自分で試しながらやってみるのも面白いかもしれませんね。

自分で作るのでなくとも、通販サイトなどで様々な種類の青汁が販売されていますし、中には安価なお試しパックのようなものもありますから、とりあえずは安いのを試してみてもいいかもしれません。

今販売されているものは、そこまで値段の張るものでもありませんし、継続して飲むことも十分に可能だと思います。

今は寒天状の青汁もあったりして、飲み方も色々。通販サイトなどで比べてみてはいかがでしょうか。定期購読をすると安くなることもありますから、お気に入りの青汁をいち早く見つけることが出費を抑えるポイントです。

もしあればサンプルなどを取り寄せたり、前述のお試しパックを購入したりして、自分の味覚に合った青汁を見つけましょう。通販サイトによって値段が違ったりする場合もありますから、その点は注意が必要ですね。

青汁を使ったおすすめ料理に関しては→青汁を上手に活用した健康志向の青汁レシピご紹介!も参考にしてみて下さいね!

青汁には美容効果がある?青汁を使った効果的なダイエット方法とは

青汁と美容の効果
健康に良い飲み物として知られている青汁ですが、実は美容にも良いということをみなさんはご存知でしょうか?

体の「きれい」を保つためにサプリメント等を飲用している方も多いと思いますが、青汁もそれと同じようなもので、美容効果のある様々な栄養素を手軽に摂れるという意味で、美容に良いと言えるのです。

それでは青汁にはどのような栄養素が含まれ、それは美容面でどんな働きをするのか、簡単にまとめてみたいと思います。

ビタミンC

ビタミンCは美容に効果のある栄養素として最も有名なのではないでしょうか。肌の潤いを保つコラーゲンの生成に大きく寄与するため、若々しい肌をいつまでも保ちたいという方には、ビタミンCの摂取が推奨されます。

継続的に摂ることで美容効果に大いに期待が持てますね。

ビタミンE

ビタミンEには血行を良くする働きがあり、これによって肌のハリツヤが良くなります。ビタミンCと一緒に飲むことでその効果は増進するとされ、美容に気を遣うのであれば継続的に摂っていきたい栄養素です。

ビタミンA

ビタミンAは天然保湿因子の生成を促す働きがあるため、肌の潤いを保つのに効果的だといわれています。抗酸化作用を持っているので、たとえば口内炎などの症状改善にも期待できるようです。

食物繊維

食物繊維は腸内の環境を整える働きを持ちます。便秘予防に食物繊維を摂るという話を聞いたことのある方も多いと思いますが、まさに食物繊維はそのような働きをするのです。

消化されにくいため、腸内に堆積し、便を増大させることで排便を促すんですね。腸内環境が改善すれば、免疫力がアップし、肌がよりいきいきとしてくるでしょう。

以上、青汁に主に含まれる栄養素をざっと見てきました。青汁も物によっては上の栄養素のいずれかが含まれていないケースもあると思います。

自分に必要な栄養素の含まれている青汁を見つけるというのが大事ですね。

効果的なダイエットとは?

それでは効果的なダイエットとはどういったものか。まず必要なのは運動です。これは絶対に欠かせません。

食べずに痩せるという方法では、体調不良を招く恐れもありますし、リバウンドの危険性が高まるのでやめたほうがいいですね。

毎日1時間くらい、軽く汗をかくくらいのスピードでウォーキングをしてみましょう。慣れてきたらジョギングなどに移行します。無理はしなくてもかまいません。

ダイエットに効果のあるのは「有酸素運動」といわれています。有酸素運動を20分つづけたくらいから、体の脂肪が一気に燃え始めますので、1日1時間くらいを目安に運動を続けてみてください。

休みを使って一気にやせたいという方は、2時間、3時間と運動をしてもいいですが、その場合、栄養失調や脱水に気をつけるようにしましょう。

有酸素運動とあわせて行いたいのが、軽い筋力トレーニングです。筋肉を鍛えることで体の基礎代謝が上がり、痩せやすく太りにくい体になっていきます。

ただし筋力トレーニングは「無酸素運動」と言われ、やりすぎると筋肉が大きくなってしまう、ごつごつとした体になってしまう場合がありますので、その点はご注意ください。女性的かつ健康的に痩せたいのであれば有酸素運動が効果的、と覚えておきましょう。

ちなみに、有酸素運動の前に筋力トレーニングをすると、有酸素運動の能率がアップすると言われていますので、やり方を工夫してみてください。

食事の面では、炭水化物を大量に取ることはせず、間食を控え、寝る直前に何かを食べたりするのは控えましょう。

最も良いのは、1日3食のうちの一食を、それこそ青汁1、2杯に置き換えることです。1回の食事で500~600、多い人では1000キロカロリーを摂るとして、それを青汁に置き換れば、摂取カロリーをほぼゼロにまで落とすことができます。もしそれが無理であれば、青汁とおにぎり1個といったような食事でもかまいません。

最もダイエット効果が高いのは夕食を青汁に置き換えることですが、夜はちゃんと食べないと気分よく眠れないとか、翌日がつらいという場合は、お昼ごはんを青汁にしてみてはいかがでしょうか。

青汁といえば水やミルクに溶かして飲む粉末状のものが主流ですから、持ち運びが可能ですし、今はゼリータイプなんてものもあります。そういったものを購入して、ダイエットに役立ててみてください。

青汁置き換えダイエットのイメージはコチラ!→すっきりフルーツ青汁を実際に注文してみましたよ!

青汁に副作用はあるの?飲みすぎで起こる体調不良

青汁 副作用
健康食品の話になると、必ず副作用のことが取り上げられますが、そもそも薬でないものに作用も副作用もありません。

特に青汁は、言ってみれば野菜ジュースのようなものですから、それに副作用があるのなら、すべての野菜に副作用があるということになってしまいます。作用・副作用というのは薬の効能のことを指す言葉ですので、青汁にそういったものはございません。

ただし他のあらゆる食物と同じように、摂りすぎは体に悪影響を及ぼす可能性がありますから、その点は注意が必要です。

では青汁を飲みすぎるとどのような体調不良が起こりうるのか?以下にまとめてみたいと思います。

下痢

便通の悪い人は食物繊維を摂るのがいい、という話はみなさんもご存知かと思います。

たしかに、便秘などに悩んでいる方は食物繊維を摂ることで、それが改善されることもあるようです。食物繊維は消化することの困難な成分であり、それが腸内に堆積して、便を増大させることで、排便が促されるのです。

しかし食物繊維を摂りすぎると、前述の働きが無用に強化され、おなかが緩くなってしまう可能性があります。

下痢は脱水症状などを引き起こす可能性もありますから、意外と恐ろしく、そして身近な体調不良だといえます。特に夏の時期にはさらに、脱水症状が深刻化する恐れがありますので、注意が必要です。

青汁はたくさん飲めばいいというものでもないので、1日コップ1杯など適量を飲むようにし、それで体調が悪くなるようであれば、飲む量を減らすなどなんらかの対策を講じてください。

効果的な美味しい飲み方は青汁の効果的な飲み方でも紹介しています。

便秘になることも?

食物繊維は腸内に体積すると言いましたが、それも度を越えると腸に詰まり、便通を悪くしてしまう可能性があります。

いわば繊維質の壁のようなものが腸内にできてしまうのです。イメージとしては、西部劇に出てくるような枯れ草の丸まったのが腸内に転がっている感じでしょう。

青汁を飲んでちょっとおなかが緩くなるというのは誰にでも起こりうるにしても、逆に便秘になってしまうというのは、明らかな飲みすぎ。それではせっかく健康的に青汁を飲んでいるというのに、かえって体調が悪くなってしまいます。やはり1日1杯といった目安を守ることが大事ですね。

青汁をどれくらい飲むとどのようなことが起こるかというのには、個人差がありますので、1日1杯が絶対に正しいとは言いません。

ちょっと飲みすぎたというくらいで、決定的に体調が悪くなるということはありませんから、自分でちょうどいい量を探していってみてください。

もし購入したその青汁に1日の目安が記載されているのであれば、それを守るようにしましょう。

アレルギー

どの食物においてもそうですが、その青汁に含まれている成分によって、アレルギー反応が引き起こされる場合もあります。

おそらくはみなさんも自分のアレルギーの有無、アレルギー反応の発現する食物は知るところであると思いますので、青汁を購入する前に、飲む前に、そこに含まれる成分を必ず確認するようにしてください。

食欲不振

食物繊維は消化されにくい成分でありますから、体内に蓄積するという特徴があります。これによって食欲不振などが引き起こされる場合もあるようですので、注意が必要です。

もっとも、よほどのことがなければ、こういった体調不良は滅多に起こらないと思われますので、やはり目安の量を守るというのが大事ですね。

もし仮に、前述の下痢や便秘、そして食欲不振などが起こった場合には、飲む量を減らしたり、数日の間、青汁を飲むことをやめて様子を見るようにしてください。

薬や治療の効果を弱める場合も

青汁にはカリウム、リン、ビタミンAなどが多分に含まれているため、人工透析を行っている方は容態が悪化する可能性もあります。

このほかにも、青汁がある薬や治療の効果を弱めてしまうケースはいくつかありますので、今病院に通っているという方、なんらかの薬を継続的に服用している方は、青汁を飲む前に、医師や薬剤師に必ず相談をするようにしてください。

前述したように、青汁を飲んでかえって健康を損なっては意味がありません。青汁は、飲めば誰でも必ず健康に、といったような魔法の飲み物ではありませんので、そこのところは注意が必要ですね。

青汁は葉っぱによって味が違う!青汁に使われる原材料とその味とは

青汁の原材料
最近はおいしくなってきている青汁ですが、そのおいしさの秘密というか味の違いは、使われている野菜や葉っぱの種類によって大きく異なるということをご存知でしょうか。

葉によって飲みやすい、飲みにくいというのがあり、最初から飲みにくいものを買ってしまうと、最後まで飲みきらないということもあるかもしれません。

では、青汁に使われているのはどういったもので、その味はどのようなものなのか?今主流の三種類の葉っぱをご紹介したいと思います。

ケール

みなさんも「ケール」とか「ケール青汁」とかいった言葉は見聞きしたことがあるのではないでしょうか。

ケールは非常に栄養価の高いことで知られており、健康増進を重視する青汁では主にこのケールが用いられています。その味はどのようなものかというと、独特の苦味があり、かつ葉っぱ特有の青臭さもありますので、初心者にはちょっと飲むのがきついと言えるでしょう。

青汁を長く続けられない理由は、味がおいしくないことなのです。過去に一度青汁を飲んで、それが続かなかったという人は、ケールの青汁は避け、このあとに紹介する明日葉や大麦若葉の青汁を飲むとよいでしょう。

逆に多少味が悪くとも、栄養価の高さを重視したいという方は、ケール青汁を選ぶのが良いと思います。

大麦若葉

大麦若葉の青汁は、おいしいと最近話題になっていますね。栄養価も充分で、ミネラルや各種ビタミン、酵素、タンパク質など、豊富な栄養素が含まれています。

血液をさらさらにして動脈硬化のリスクを下げる働きがあるとも言われ、生活習慣病の予防に効果があるようです。

そんな大麦若葉ですが、青汁にするとどんな味がするのかというと、抹茶のような味なんですね。

確かに青汁特有の、草っぽい味がほんのりとしないわけではないのですが、まずい、飲めないというほどでもなく、大麦若葉は、子供でも飲めるくらいにおいしい青汁になるのです。ミルクとまぜて飲むということもなされており、そうするとますますおいしくなるようですね。

初心者でも飲みやすいですし、青汁は飲みたいけれどおいしくないのはちょっと、という方は大麦若葉か、もしくは後述の明日葉の青汁を選ぶとよいでしょう。

明日葉

明日葉もまた、前述のケールや大麦若葉と並んで栄養価の高い葉っぱです。摘んだ次の日には新芽が出てくることから、その生命力の強さを指して「明日葉」と名付けられたそうですよ。

明日葉それ本体は、非常に苦味の強いものでして、それがクセになるという声もありますが、一般の方向きではありません。

カルコンという特有成分が含まれていて、デトックス効果があり、体にはすごく良いんですけれどね。

そんな明日葉ですが、調理法を工夫すれば、ものすごくおいしい料理に変身するそうで、それは青汁についても同じなのでしょう。

明日葉のみを使用した青汁というのはあまりないのですが、前述の大麦若葉と併用することで、「おいしさ」を追求した青汁は結構な数あります。

もしあればですが、そういった商品のお試しパックなどを取り寄せて、まずは味見をしてみるのが良いかもしれません。

変り種?ほかにも沢山の青汁が

上記の3つは、青汁の原材料として用いられることが多いのですが、それ以外にもまだまだ、青汁には色々な種類があります。それをざっとご紹介いたしましょう。

よもぎ

よもぎもまた青汁の原材料として用いられることがあります。よもぎには温熱効果がありますので、冷え性に悩む女性などにおすすめです。

よもぎ団子などもあるように、昔から食用に使われてきた野草ですから、物にもよりますが比較的飲みやすいと言えると思います。

ゴーヤー

独特の苦味を持つゴーヤーですが、それを青汁にしちゃうなんて、どんなことになるんだ……と恐ろしさに震えてしまう方もいらっしゃるかもしれません。

確かにゴーヤーの青汁にはあの独特の苦味があるのですが、それを解消するために黒糖などを配合したものもありますよ。

ゴーヤーは高血圧や糖尿病など、生活習慣病の予防に良いので、最近食生活が偏りがちだという方には特におすすめです。

青じそ

青じそドレッシングなんて今やコンビニでも見かけるほどポピュラーですが、実は青汁もあったんですね。

青じそは古来より薬草として用いられてきた栄養価の高い野草で、喘息やアトピー、花粉症などアレルギー症状の緩和に寄与すると言われています。

海藻

今はなんと海藻の青汁まであるのです。これは私は飲んだことがないんですけれども、なんだかぬるぬるしていそうですね。

しかし海藻にはカルシウムやミネラルがたっぷり含まれていますので、体に良いことは間違いないでしょう。ちょっとお試しで1杯くらい飲んでみたいですね。

緑茶

青野菜の青汁に緑茶を配合した青汁も存在します。緑茶に含まれるカテキンなども摂取することができますから、体に良いことは間違いなし。

味についても普通の青汁よりおいしいと思うのですが、私は緑茶が個人的に好きなのでそう思うだけかもしれません。いずれの青汁も個人差がありますので、まずは少量のお試しパックなどを購入することが大事ですね。

みなさんもぜひ、自分の味覚や体質に合った青汁を探してみてください。

青汁を飲む適切なタイミングは?飲み方の工夫が飲み忘れ防止になる?

青汁 飲むタイミング

飲むタイミングによって効果が変わる?

青汁を飲むときに、そのベストなタイミングを気にする方も多いかもしれません。青汁は、基本的にはいつ飲んでも構いませんが、何か目的がある場合は、タイミングに注意してみてもいいかもしれません。

たとえば栄養補給として青汁を飲む場合には、起床後すぐに飲むのがおすすめです。

それは何故かというと、寝ている最中は、みなさんが想像される以上に、体をエネルギーを消費し、汗をかいたりしておりますので、起きたあとは栄養を吸収しやすい状態になっているのです。

乾いたスポンジをイメージされると良いでしょう。その状態で青汁を飲めば、栄養素を効率よく体に取り込むことができます。

もしあなたが、野菜不足に悩んでおり、それを解消するために青汁を飲んでいるというのなら、朝起きてすぐに、あるいは朝食と一緒に飲むのがよいでしょう。

次にダイエットをしている場合について。これは食事の前に飲む、あるいは食事と一緒に飲むのがおすすめです。

食事の前に青汁を飲むことによって、おなかが膨れますから、食欲を抑えることが可能で、それによって食べる量を減らすことができます。食べる量が減れば、体重も少しずつ減ってくるのは当然のことですから、ぜひ食前に飲むようにしてください。

あるいは食事中に飲むという方法もあります。それは、普段どおりの食事を取りつつ、青汁を飲めばいいということではなくて、食事のうちの1品を青汁に置き換えるというのがダイエットに繋がるからです。

あえて青汁を飲む目的としては、やはりそれによっておなかが膨れるため、いつもより食事の量が少なくても、満足感が得られるからですね。

そして、ダイエットのときには、食事制限などにより栄養不足に陥りがちですが、青汁によってそれを補うことが可能ですので、一石二鳥です。

この置き換えダイエットは、やり方や体質にもよりますが、非常に効果的だといわれています。

一日の摂取カロリーを大幅に減らすことができますから、その分、一日の消費エネルギーが摂取エネルギーを上回り、その余剰分が体の脂肪を利用することで補われ、それによって少しずつ体の余分なお肉が減っていくのです。

さて、ダイエットのお次は便秘解消という目的について、述べておきます。便秘解消のために青汁を飲む場合は、就寝前がおすすめですね。

それは何故かというと、青汁というのは下剤とは違うからです。食物繊維によって体内の不要物を絡めとり、それを押し出すようにして排便を促すのが青汁ですが、食べ物が消化されて、腸を通り、排便に至るには、けっこう長い時間を要します。

そこで寝る前に飲んでおけば、翌日の朝はすっきり快便、ということに期待できるわけですね。

ただし就寝前に青汁を飲むと、腸の働きが活発になりますので、眠りの妨げとなってしまう可能性もあります。

休みの日に一度試してみて、それで問題なければ就寝前に飲むようにするとよいでしょう。

飲み方を工夫してもっと楽しく!

青汁は、飲み方を工夫すればもっと楽しく、美味しく飲むことができます。たとえば朝食と一緒に飲むのなら、ヨーグルトや牛乳に混ぜてはいかがでしょうか。

低脂肪のヨーグルトに青汁をまぜて飲むというのは、おなかも膨れますし、食前に飲む、1品置き換えるという場合にも効果的です。

私はダイエットをしているときに、いつもより食事を1品減らして、そのぶん青汁ヨーグルトを食べるようにしていましたね。ヨーグルトにまぜると、臭みや苦味が薄められますし、すごく飲みやすくていいですよ。もちろん牛乳にまぜても美味しいです。

夜に青汁を飲む場合には、お酒にまぜるというのもありでしょう。最近流行りの生青汁なんかは、焼酎とまぜると緑茶ハイのような味わいになります。

それを一杯やりながら本でも読んで、ほろ酔い気分で眠りにつく。そして翌朝は快便、とイイこと尽くしですね。

こんなふうにして、飲み方をちょっと工夫するだけで、毎日青汁を飲むのが楽しみになります。それは飲み忘れ防止にもつながりますから、長く続けていくのにも役立ちますよ。

みなさんも自分なりの美味しい飲み方を見つけて、青汁と末永く付き合っていきましょう。

青汁の選び方を考えてみる

青汁 選び方
近年では色々な種類が発売されている青汁ですが、結局は青汁に何を求めるかで選び方も大きく変わってくるかと思います。

野菜不足を補いたいのか、偏った栄養バランスを整えたいのか、ダイエットに活用したいのか、目的は人それぞれかと思います。

野菜不足や栄養バランスを整えたいタイプなら、ケールが主に使用された青汁をチョイスすればいいでしょう。

ゼリータイプフルーツ味の青汁もおすすめではありますが、ケールが多用されている青汁がより健康にはマッチしています。本来の青汁というイメージですね、苦くて飲みやすいとは言えませんが、健康を考えるならケールたっぷりの青汁に限ります。

ダイエット目的、またはお子さんにも青汁を飲ませてあげたいといった方には、ゼリータイプやフルーツ味タイプの青汁がオススメです。

ダイエットやお子さんが飲むには、とにかく続けていく事が何よりも重要だと思います。味が美味しかったり、摂取しやすかったりすると、継続の後押しにもなりますよね。

人気があるから、CMでよく流れてるからといった選び方ではなく、目的に合ったタイプの青汁を選ぶようにしましょう。

青汁はたくさん飲めばいいわけではない

青汁 おすすめ
以上、青汁を飲む際の注意点、起こりうる体調不良についてみてきました。

確かに青汁は健康に良い飲み物ですが、だからといって飲みすぎるとかえって健康状態が損なわれてしまう可能性があるのです。

それは青汁が悪いというわけではなく、たとえば肉を食べ過ぎると通風になりうるように、そこに含まれる栄養素を過剰に摂取してしまうことが問題なんですね。ですから、青汁を1日に10杯も20杯も飲むようなことは避け、目安量を守って飲用を続けるようにしてください。

飲みすぎにだけ注意していれば、青汁は人体にとって非常に有益なものですから、体調の正常化や健康促進に大きく寄与すると思われます。

特にダイエット中の方にはおすすめしたいですね。この機に青汁を始めてみてはいかがでしょうか。