飲みやすさで選ぶ 値段で選ぶ ダイエットで選ぶ 原材料で選ぶ

黒糖抹茶青汁寒天ジュレってどうなの?

公開日:2016年10月27日

青汁寒天ジュレ
黒糖抹茶青汁寒天ジュレは、スティックゼリーなので片手で持ちやすく尚且つしっかり食べて満足な大きさです。緑色のパッケージを開けるとプルンっとしたスティックが出てきますが、色は深い抹茶色なので抹茶ようかん?と思うような見た目です。このジュレは1本につき15gとパッケージいっぱいに入っています。開けるときは液が飛び出す可能性もあるので注意です。

黒糖抹茶青汁寒天ジュレの効果は?

味も大切ですがなんといっても大事なのが「効果」です。青汁といえばとにかく健康飲料のイメージですが、どのように健康に良いのか?が気になります。

どんな症状に効果があるの?

・寝起きがすっきりしない
・身体がどんより重たい
・肌にニキビや吹き出物がある
・手足が冷え性で冷たい
・肌がカサカサする
・口臭がとてもくさい
・辛い肩こり
・花粉やアトピー等のアレルギー体質である

これら全ての悩みは「腸」にあります。実は腸がうまく働かないと便秘になったりすることで、ぽっこりお腹や、くさいおならや匂い、肌荒れの原因になります。腸を正常に働かせることで、身体の体調が良くしていく、という「腸活」が健康や美容の鍵になるのです。

理想的な「腸活」とは?

腸の役割

腸は食物を分解して運ぶ器官ですが、食物は栄養分と老廃物に分かれます。栄養分は血液で細胞へと運ばれ、老廃物は便となり外へと出されます。腸内環境が正常であれば血液はサラサラ流れるので、栄養が身体中にしっかりと行き渡りますが、血液がドロドロだと栄養は身体中に行き渡ることなく停滞してしまい、脂肪となり肥満や成人病の原因となるのです。

善玉菌?悪玉菌?

人間の腸内細菌は100種類以上とも言われています。なかでも主に腸の中には「善玉菌」と「悪玉菌」があります。ここまでは知っているかたも多いでしょうが、更に「日和見菌」という菌もあります。

・「善玉菌」…ビフィズス菌や乳酸菌等で、酸性です。悪玉菌の影響を抑えたり、食べ物の消化や吸収を促進したり、整腸作用、風邪の予防や免疫力を高めてくれたりします。

・「悪玉菌」…アルカリ性で腸内汚し、便秘や下痢の原因となります。発ガン性物質等の有害物質を作り、免疫力を弱めます。しかしながら、善玉菌の刺激となったり、病原菌を攻撃したりもするので多少は必要な菌なのです。「善玉菌」と「悪玉菌」は腸内細菌の30%を占めていて、残りの70%が「日和見菌」となります。

・「日和見菌」…主に大腸菌などで、腸内に善玉菌が多ければ、善玉菌の働きを助け、悪玉菌が多ければ悪玉菌の働きを助けます。

つまり、善玉菌を優勢に保つことが理想的な「腸活」なのです。そして腸活には「醗酵食品・食物繊維」がとても重要なのです。そんな大事な「醗酵食品・食物繊維」が黒糖抹茶青汁寒天ジュレにはたっぷり含まれています。

黒糖抹茶青汁寒天ジュレの成分は?

黒糖抹茶青汁寒天ジュレ 成分

健康と美容に効果の高い成分

「醗酵食品・食物繊維」がたっぷりの黒糖抹茶青汁寒天ジュレですが、実際にはどんな成分が入っているのでしょうか?

「クマイザサ」…黒糖抹茶青汁寒天ジュレの成分の中でも1番のこだわりをもたれているのがこの「クマイザサ」なのです。クマイザサは寒い冬でも枯れず、わずかな光でも光合成ができ、その寿命は60年!とも言われる植物です。実はクマイザサは中国では漢方としても使用されるほどの自然万能薬とされています。冬には熊が冬眠前にクマイザサをお腹一杯食べるのは、抗菌作用や胃腸内の腐敗防止のためと言われています。

そんなクマイザサの中でも、品質を高く保つために、大自然豊富な北海道のまだ手付かずになっている場所にあるクマイザサだけを丁寧に手で摘み取っています。食物繊維といえば野菜や芋類や海藻類ですが、例えば厚生労働省が推奨する理想的な野菜の1日摂取量は350gです。これは大きなざるに大盛一杯の野菜の量になります。これを毎日摂取することはかなり大変です。

しかし「クマイザサ」はレタスの60倍、さつまいもの29倍の食物繊維が含まれています。更にカロチンはカボチャの16.6倍、ビタミンEは大豆の8.7倍、カルシウムは牛乳の1.9倍、マグネシウムは牛乳の7.4倍、鉄はホウレン草の10.1倍なのです。食物繊維が豊富で腸活に効果があるのはもちろん、栄養価が高く健康にも美容にも絶大な効果をもっています。

「植物醗酵エキス」…青汁といえば!のケール、明日葉、モロヘイヤ、ホウレン草、セロリやしそ以外にも、アスパラガス、アルファアルファ、インゲン、キャベツ、レタス、グリーンピース、チンゲンサイ、白菜、パセリ、ネギ、ピーマン、ブロッコリー、クレソン、キュウリ、三つ葉、緑豆もやし、カボチャ、カリフラワー、ゴボウ、ゴマ、米、昆布、サトウキビ、しょうが、だいこん、タマネギ、トウモロコシ、トマト、なす、ニンジン、ビーツ、紫いも、ラディッシュ、レモンの約40種類もの植物を約3ヶ月もの間熟成させて、更に3ヶ月から4ヶ月も培養させます。

この長期熟成、培養によりエキスがぎゅっと20倍にも濃縮されます。醗酵に熱を使うと酵素は死滅してしまう可能性があるので、長時間時間をかけるこの製法は植物の成分を濃縮して効率よく摂取できます。

「善玉菌」を増やす!成分…「腸活」にとって大切なのは善玉菌の割合を悪玉菌よりも増やすことです。肉中心の食生活やストレスなどで増えてしまう悪玉菌を外にだしてくれる「乳酸菌」。なかでも日本人に身近なお米由来の乳酸菌「ラクトバチルス カゼイ」が悪玉菌を抑えつつ、身体の抵抗力を上げてくれます。他にも「イソマルトオリゴ糖」は腸まで届くことで善玉菌のうちのひとつ、ビフィズス菌のエサとなり、活性化させて量を増やします。原料はでんぷんで、味噌や醤油、みりんなどの昔からある身近な醗酵食品に含まれています。上白糖と比べてやさしい甘さです。

「寒天」…水溶性食物繊維である寒天も善玉菌のエサとなり、善玉菌を増やしやすくなります。更に食感をプルプルにしつつも味が殆どないので味に影響しません。この寒天がジュレとしての食感やまとまりを作ってくれます。

美味しさの秘密は?

青汁といえば苦さが特有のイメージですが、黒糖抹茶青汁寒天ジュレはとても食べやすくてデザートやおやつとして食べられます。味わい深いクマイザサが青くささを出さず、更に抹茶で和の美味しさをプラスして食べやすさを出しています。抹茶と同じくらい和菓子に使われている「黒糖」は自然な甘さだけでなく、健康にも高い評価を得ていて抹茶とも味がよく合います。上白糖に比べてカリウムは550倍、カルシウムは240倍、銅は24倍でミネラルもたっぷりです。更に甘さには低GIの「ココナッツシュガー」を使っています。人工甘味料を使用しないこだわりがあります。

更にこだわりを感じるのが、食の専門家へのアンケートです。フードコーディネーター、食のコンサルタント、パティシエ、フードプランナー等の5人にOKがでるまで試作を重ねて作っています。だからこそ黒糖抹茶青汁寒天ジュレは美味しいのです。

美容成分まで入っているの?

なんと黒糖抹茶青汁寒天ジュレには健康から来る美容効果と、もともと含まれている美容成分があります。それは美容成分の代表「ヒアルロン酸」です。肌の保湿をしてくれるヒアルロン酸はもともと体内にあるのですが、歳をとれば自然と減少していきます。食品にはなかなか入っておらず食事からとるのは難しく高価です。そんな「ヒアルロン酸」が高純度95%も配合されているのです。しかもカロリーは1本17.25kcalとかなり低カロリーです。

高い3つの安全性

身体に直接取り入れる食品だからこそ

1)製薬会社である興和新薬株式会社が製薬メーカーレベルの基準をもって、高い水準の品質、安全管理をしているGMP工場で製造されています。

2)日本健康・栄養食品協会が定める品質規格をクリアし認定健康食品マークのJHFAを取得しています。

3)全商品サプリメントで人での試験も実施していて、人への影響もしっかりと確認しています。

なかなか難しい内容に思えますが、それだけ安全性にもこだわりをもっているというのがよくわかります。

黒糖抹茶青汁寒天ジュレを公式サイトで購入

黒糖抹茶青汁寒天ジュレの気になる値段は?

これだけ、健康と美容に効果があり尚且つ美味しいくて安全性も抜群、サプリメントよりも持ち運びしやすいスティック型のジュレは旅行にも最適です。気になるのはお値段です。さぞかし高価なのでは?と思いつつも高価だと続けられない…。

一箱で30包入って4,320円(税込)(1包あたり144円)です!3,000円以上で送料350円(税込)が無料になります。1日1~2包なので高くても二箱で8,640円です。これなら毎日のジュースやお茶、コーヒー等をちょっと我慢すれば購入できます!しかし更にお得な購入方法があります。それは他のサイトからの購入ではなく、毎月30日ごとに定期的に届けられる定期便で申し込みをすると初回半額の2,160円(税込、送料込)で購入できます!

公式サイトはこちら↓
黒糖抹茶青汁寒天ジュレ
以上、”黒糖抹茶青汁寒天ジュレってどうなの?”について解説していきました。効果をしっかりと実感するため最低3回分は継続が条件ですが、定期便だと、通常価格より10%OFFの3,888円(税込)(1包あたり約130円)で購入できます。お届け日の変更、指定、お休み、解約もお届け日の10日前までに電話することで簡単にできます。

ぜひお得に健康と綺麗と美味しいを手にいれましょう!