飲みやすさで選ぶ 値段で選ぶ ダイエットで選ぶ 原材料で選ぶ

注目の人気青汁「レモンの青汁」の口コミや成分について

公開日:2016年9月24日
この記事の所要時間: 69

レモンの青汁
みなさんは青汁にどのようなイメージをお持ちでしょうか?あまり美味しくないものだというのが大方の見方だと思います。たしかに青汁は、体には良いですけれども、味はそれほど良いものではありません。独特の苦みと青臭さ。昔の青汁は本当に、草を搾った汁のような味がしたんですよね。

特にケールを原材料とする青汁は、苦みも青臭さもかなり強く、長く飲み続けるのは難しいと言われています。私もこれまでに何度もケール青汁を飲みましたが、やはり色々な青汁を試した人にとっても、あれを毎日続けるのは難しいですね。最近では大麦若葉や明日葉などの飲みやすい青汁も出てきていますが、ケールは栄養価の面で相当に優れていますから、どうすべきか迷うところです。

ケールの青汁は飲みにくい、苦い、おいしくない。それが今までの常識でした。しかし最近、私は飲みやすくて美味しい青汁を発見したのです。それが、グリーンハウスという会社が販売している「レモンの青汁」です。この青汁は、文字通りレモン風味で飲みやすく、従来の製品とは比べ物にならないほど美味しいんですね。ケールを主原料としておりますので、栄養価も高く、体にものすごく良くて、そのうえ美味しいという、今までになかった青汁となっています。

レモンの青汁は本当に美味しいの?

こう言っても、青汁が美味しいだなんて中々信じられないかもしれません。しかしレモンの青汁は本当に美味しいのです。どのような味がするのかというと、ひとことで言えば「レモネード」ですね。すっぱい、レモン味の水といった感じの味です。つまりあの青汁特有の苦み、青臭さはほとんどないということですね。

ひとくち飲み切ったあとは、ほんのりとケールの苦みが残りますけれど、我慢できないほどではないと思います。ここまで青汁らしくない味のする青汁は、そうそうありません。まさに革命といっていいほどの美味しさです。

ひとつご留意いただきたいのは、そのレモンの味が結構強いということですね。すっぱいものが苦手という人にとっては、もしかすると飲むのが苦痛に感じられるかもしれません。本当にレモネードの味なので、そういった飲み物が苦手な方はご注意ください。

レモンの青汁の成分はどうなっているの?

レモンの青汁 成分
レモンの青汁の原材料および成分は以下のようになっています。

ケール、デキストリン、還元パラチノース、レモン果汁、ビタミンC、香料、甘味料(アスパルテーム、L‐フェニルアラニン化合物)

1包3g中
脂質…0.04g、ナトリウム…14.5mg、ビタミンるC…50mg、たんぱく質…0.26g、炭水化物…2.285g

1日に飲む量は、1杯から3杯が目安となっています。

レモンの青汁は安心して飲むことができる?

美味しくて体にいいレモンの青汁。しかし、一見すると体によさそうでも、実は主原料に農薬を使っていたりして危険、なんてこともあるかもしれません。そういった面で、青汁を選ぶ際にはその会社の提供するものが信用できるかどうか、きちんと確認することが大事です。

それではレモンの青汁はどうなのかというと、これについてはご安心ください。主原料であるケールはすべて無農薬のものが使われています。化学肥料も一切使われておりません。天然のケールだけを青汁にしていますので、安心して飲むことができます。

また、レモンの青汁の製法について、少しだけ述べさせていただきますと、これは「スプレードライ製法」と呼ばれます。一度液体にしたものを霧状にし、そこに瞬間的に高度の熱を加えることによって、水気を飛ばし、一気にその霧を粉末にするという製法です。これの何が良いのかというと、その液体に含まれる栄養素が、熱によって壊されてしまうのを防ぐことができることです。つまり、先に言った無農薬ケールの栄養素を、極力、本来の素材に近い状態のまま粉末にすることが可能なんですね。

これまで青汁を作るといえば、液体にして乾燥させて、という製法が一般的でありましたが、レモンの青汁は、スプレードライ製法により、熱にビタミンが破壊されることを防いでおりますので、美味しいうえに栄養価も高いといった内容になっているわけです。この点もまた、他の青汁と比べてレモンの青汁が優れている部分であり、人気の秘密ではないかと思います。

レモンの青汁の口コミは?

それではここで、レモンの青汁を実際に口にした方々の口コミをご紹介いたします。

富山県 Aさん(39)

最初に手を出した青汁は、もう苦くてかなわず、こんなもん飲めるかと投げてしまったのですが、レモンの青汁は美味しいと聞き、半信半疑ためしてみたら、確かにおいしくて、それ以来仕事の合間にちょこちょこ飲むようにしています。もともとすっぱいものが好きなので、全然苦になりません。この青汁を飲みだしてからは、もちろん他の生活のあらゆる面を見直した効果もあるでしょうが、体の調子がすこぶる良いです。これからも続けていきたいですね。

東京都 Bさん(18)

部活中に飲んでます! 私は苦いものがすごくニガテなんですが、これなら飲めます。後味はそんなにおいしくないけど、一気飲みしちゃえばほとんどレモンジュースみたいな感じなので。スポーツは体力使うし、体調悪いと練習どころじゃないんで、親に勧められて飲み始めたんですけど、やっぱり体の調子がいいと、良いプレー出ますね。コツコツ飲み続けるのが大事なのかなあって思ってます。

秋田県 Cさん(51)

野菜嫌いだと、当然、野菜を食べません。好きなもの、肉とか炭水化物とか、そういうものばっかし食べます。するとやっぱり野菜不足、栄養不足に陥るもので、ぶくぶく太るうえに高血圧、さらには便秘にまでなってしまって、そのことを家内に言いましたら、ある朝から私は何も言っていないのにこのレモンの青汁が食卓に出てくるようになりました。

最初は、いらないよ、飲まないよと言って突っ返していたものの、家内の飲めという迫力に押され、ためしにひとくち。するとこれが、想像以上にうまくて、それからというもの1日2、3杯のペースで続けています。

レモンの青汁公式ページ

レモンの青汁はどこで買える?値段は?

レモンの青汁 料金
レモンの青汁は、今のところ基本的にはネットでの販売となっているようです。グリーンハウスのWebサイトで直接注文することができるほか、Amazonなどの通販サイトでも購入することが可能です。

そのお値段は、60包入り1セット7140円。今はキャンペーン中で10%オフになるみたいで、その値段が6610円(税、送料込)となっています。1日1本のペースであれば2か月持ちますから、他の青汁に比べてものすごく高いというわけではなく、相場と同程度といったところでしょうか。

以上、”注目の人気青汁「レモンの青汁」の口コミや成分について”の解説でした。これほど美味しくて、しかも体に良い青汁は、そう多くはありません。前項に紹介した口コミ以外にも、おいしかった、これなら続けられるといった声は多数あがっています。これから青汁を試そうと思っている方、あるいは過去に青汁のまずさに長続きしなかった方、みなさんにおすすめの青汁ですので、この機会に購入を検討されてみてはいかがでしょうか。